読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピー野郎は世界を救う

自分なりの現場まとめ!(がほとんどなはず)

132日間のモールス

まずはじめに、とりあえず私事が落ち着いたということで念願のブログを始めました。140字以上の思いがあふれ出すことがあった時用に、と思い。

 

本題に入りますが、12/9,10夜公演にシアターBrava!にモールス観に行ってきました。

タイトルの132日間というのは7/30日から私がモールスを待ち続けてきた日数です。(重)

f:id:alohanon:20151213154203j:plain

 

ゆずのグッズ売り場を横目に(城ホールではゆずのライブが行われていました)ドキドキしながら橋を渡っているとブラバが見えてきて、すでにこの時点でオスカー発見。

一人だったから外見は冷静だったけど内心はドキドキドキーッ。心拍数上がる上がる。ついにここまで来てしまった。うん、生きてる。

たくさんモールスのポスターが貼ってあって何ともいえぬ気持ちになりました。

開場するとまずたくさんの人、『小瀧望様』と書かれたたくさんのお花。それぞれ様々な事情があるものの、たくさんの人がこの日を楽しみに待ってきて、その中に自分も確かにいるということが改めて感じらました。

 

そして開演。客席を闇と大きな音が包む。

明るくなると、そこには箱に入っているオスカー。「あ、レポで見てたやつ」が最初の感想。でも初めて発せられたオスカーの声は想像と違った。もっと小瀧くんぽい、茶目っ気のある声だと思ってたけど実際はもっと上品で、舞台!って感じの声だった。(語彙力)この『なんだよ』という言葉だけで小瀧くんは私の予想を遙かに上回った。発声練習がんばったのかな。

それから先は私の中の小瀧くんが消えた。

という表現でいいのかわからないけど、「小瀧くん役に入り込んでてスゲエ」とすら思わせないほどオスカーだった。顔の形すら小瀧くんじゃなかった(私はそう見えた)いつもより鼻が高く見えるしめっちゃ日本人離れ。

なによりオスカーがかわいいのかわいいの!髪の毛がはねてたり、ぽわぽわ広がってるが本当にツボ。STAR WARSTシャツ姿で急いで布団にくるまるのも本当にかわいい。ママと一緒に寝るときのおめめがうるうるでまた何ともいえないし。そのときの切なそうな顔がまた印象的だったなあ。普通の12歳ならママと一緒に寝れるなんて嬉しいはずなのに悲しそうな顔をするのがとても切ない。

そして特に印象的だったのはエリ役の水上京香さん。まず立ち振る舞いからすごい。しなやかなのに、吸血鬼という怪物らしさが歩く姿から伺える。また、オスカーと初めて会ったときから仲良くなっていくまでの声色の変化。冷淡だった口調がどんどん柔らかくなるのが、オスカーにどんどん心を許していってるのがすごくわかる。最初に「あなたとは友達になれない。」という言葉が出たのは、もうそのときすでにエリはオスカーに惹かれていて、でも自分の立場を考えるとオスカーと一緒にいることは出来ない。と感じたからなのかもしれないと思った。またホーカンに対する乱暴な口調もまたオスカーといるときの12歳の可愛らしいエリを際立たせるし、血に貪りつく姿は吸血鬼そのものだった。本当にすばらしかったです。

終わってみて、この舞台の難しさが本当にわかった気がする。幕間とか終演後とか多分わたし死んだ魚の目してたと思う。私には理解できないほどのものを背負った気がして、今でも「あの言葉ってどうゆう意味だったんだー」と考えては頭を抱えている。多くの人が言及してるオスカー≒(=)ホーカンだったり、オスカーとエリの未来だったり。また、エリの言う「正しい」とは何?そして「モールス信号」の持つ意味。などなどをまだまだ模索する日々が続くのかなぁ、なんて思っています。

舞台中では一切涙を流しませんでしたが、カテコでスタオベした瞬間どっと溢れだしました。その時初めて小瀧望が演じきったんだと思ったからだと思う。素晴らしいキャストの皆さんの真ん中で三方礼する姿を見られて本当によかった。どこまでも夢を見せてくれる小瀧くんには感謝しかない。そう思えたのが誇りです。

 

今日で舞台モールスは幕を閉じるけど、きっとずっと忘れられないんだろうなぁ。寂しさもあるけど、とりあえずお疲れ様を言いたいです。小瀧くんのファンの端くれものである私すらこんなに考え込んでしまうぐらいなのに一体小瀧くんはどれほどいろんなものを背負ってここまで来たんだろうと思うと恐ろしい。だから、小瀧くん自身もオスカーやモールスカンパニーとの別れはつらいだろうけどとりあえず解き放たれるということでホッとできるんじゃないかな?(年明けにはツアーを控えているということはあえて言わないでおこう)ということで、小瀧座長をはじめとするモールスカンパニーの皆様!本当にお疲れ様でした。そしてすてきな作品に出会えたことに感謝します。

give MORSE Company a standing ovation!!!