読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピー野郎は世界を救う

自分なりの現場まとめ!(がほとんどなはず)

劇的な変化

今の自分を一言で表すとしたら

…ヤバイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

この一言でもう事足りてますね。

先日はしりょうこと橋本涼くんにときめきがどったらこったら~とかをブログに思いのままに書きなぐってましたけど、そのときめきはホンモノだったという確信がどんどん増した5日間をわたしは過ごしていました。

◆これは40年に一度の大寒波並にめずらしいこと!
わたしがジャニーズという沼に踏み込んでから今年で10年になろうとしています。嵐や関ジャニ∞から始まってJUMP、関西ジュニア、ジャニーズWESTを応援して、さらにたくさんのジュニアを見てきました。(関東はそこまで詳しくはないですが、名前と顔はだいたい一致するかと……)その中でわたしが稲妻が走るように衝撃的に好きになったのは知念侑李くんと小瀧望くんだけでした。小瀧くんに関してはもともと好きで雑誌で確認したり、コンサートにも足を運んでいましたが、2010年の7WESTのユニコンにて小瀧くんに一気にこころを奪われました。
それ以来わたしがアイドルにこころを奪われるというような機会は一切なかったので、「小瀧くんが最後の担当になるだろう。一生添い遂げるしか!」とかまあすげえイタイですけどそんなことをチラチラ考えてたりもしてました。でも今わかることは、小瀧くんを超える人がいるとするならば、それは間違いなく橋本涼くんだ、ということです。ジワジワじゃなくて一気に沼に飛び込んでいった……きみにJETなDOしてしまった感………
この惚れ方はどう考えても尋常じゃないので、1/24福岡でのあのわたし達を苦しめた珍しい大雪はもしやフラグだったのか……?とかすごい意味わからんこと考えたりなんかして。あさが来て目覚めればはしりょうのことを夢だったのではないか?と思うも、LINEのホームもトプ画もSimejiのキーボードも全部はしりょうなので、ああ夢じゃなかった………となる毎日。

◆ここ数日間のわたし
わたしは基本インドア派です。小学生の頃から基本的に自分から外に遊びに行ったりしなかった気がするな。でも好きなアイドルのことになると話は別です。1人だろうが寒かろうが獲物をゲットするために外へ出ます。早速ジャニーズショップに行ってきました。ジャニーズショップなんてジャニーズWESTがデビューしてすぐに行ったっきり全く行っていなかったので梅田のジャニショは初めてでした。はしりょうの写真を3枚買って満足して帰りました。小瀧くんも最初の頃は4枚とか、一回に出る写真が少なかったし、売り出されるインターバルが長かったけど、どんどん枚数も増えてきたし、出る回数も増えていったよな~とか考えてました。そして鬼のように少クラをリピしまくってます。12/9の回と1/13の回を巧みに再生しこなしてる。(なんの自慢にもならねえ)さらに2/3の回も加わり、沼のドン底まで沈むしか(*⌒▽⌒*)!!☆って感じです。あとはジュニアカレンダーを予約して、サマパラを買いました。ハァーたのしいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

◆ジュニアとデビュー組
ここ数日間で、わたしは忘れかけていた記憶を呼び覚ましつつあります。写真が発売されてる喜び、雑誌に載ってる喜び、少クラで見られる喜び、などなど。「この感情、身に覚えがある!」っていちいち思います。小瀧くんを好きになりたてのときもこんな気持ちだったなあ。ってなるんですよね。でも今は全然違う。小瀧くんをすきになって、応援してきて、デビューして、そして今。わたしは自分が変わったと思いました。以前なら写真は出たら全部買ってたし、テレビに出るもんなら胸が高鳴るほどにドキドキしてそれを待ちわびていました。(それが今のはしりょうに対するものなのかと。)でも今は、雑誌に載ることや写真が出ること、テレビに出ることは当たり前のようになってきていて、ファンが望むものはもう1つ上の次元にいっているのかな、と。ドームでコンサートできたらいいね。映画にもドラマにも舞台にも出て俳優業がたくさんできたらいいね。全国放送の単独レギュラー番組持てたらいいね。ってな具合に。わたしもそう思っているうちのひとりです。でもそうなってしまったのが寂しいとか悲しいとか物足りないと思うわけではなく、それはそれで安心して彼らを応援することができるし、着実に世の中に浸透しつつある彼らを見ているとゾクゾクするし、ワクワクします。とても満ち足りている生活を送っていました。
そこでわたしはジャニーズJr.真っ盛りの橋本涼くんに惚れ落ちてしまった。結局わたしはジュニアの沼からは一生抜け出せないんだと痛感しました。でもまあ、これから前向きにどちらのよさも楽しんでいけたらなあなんて思っています。

◆壁
ポジティブに今の状況を受け入れつつも、やはり早くも1つ目の壁にぶち当たりました。

「SexyZoneのバックにつく?え、つくよね?つくかつかないか言ってくれなわからんやん!!!!!」

この悩みに尽きますね。
小瀧くんはジュニアの頃から絶対出演する!(※小瀧くんのことじゃないけど恐怖のG公演除く)と保証されたコンサートに出させてもらうことがほとんどだったので、この「幕が上がるまでいるかどうかわからない」というテッパンのジュニアあるあるをほとんど経験したことがありませんでした。今となってはジャニーズWESTのコンサート、と発表している限りまあほぼ必ずに近く出演します。それがどれだけありがたいことなのかをまた痛感。デビューってすごいんやな。って思いますね。

◆これから
これからわたしはどうしたらいいものか。と思っています。こんな状況久しぶりで何をしたらいいものか。でも、ぜひともはしりょうにはデビュー目指して頑張って欲しいと思っています。(わたしなんかが言わなくても彼は既に努力されているとは思いますが。)わたしも一緒に夢をつかみたいな、なんて思います。わたしにできることをやっていきたい。毎月雑誌を5冊きっちり買わないまでも、気に入った1冊を買ってアンケートだしたり、お手紙書いたり、とても些細なことですが、彼にできることは無理しない程度にしていきたいと思っています。はしりょうの夢がわたしの夢になりました。これから困惑することも多々あると思いますが、この一瞬一瞬を尊く思い、好き!という気持ちを大切に応援していきたい。
長くなりましたがおひらきにします。ジャニーズWESTのツアーが終わったらまたそちらの方もぽつぽつ書いていきたいな!